Is chronic hepatitis B being undertreated in the United States? 米国ではB型慢性肝炎の治療が不十分ではないか?

2017年9月25日

Akira Hayasaka, Hayasaka Akira 早坂章 Journal of Viral Hepatitis

 

 

 

 

千葉県木更津市 はやさかクリニック 肝臓専門医 早坂章です。 I’m  Akira Hayasaka, Liver Disease Expert in Japan.

今回は、 Journal of Viral Hepatitis  6月号から米国におけるB型慢性肝炎治療の現状、憂いに関する総説の紹介です。スクリーニング検査の不十分さ、治療への支障(助成金制度が日本ではできましたが)、同じようなことが日本でもあてはまると思いました。

Today, I would like to introduce  an interesting and concern review article about the present status on medical practice for patients with chronic hepatitis B in US.

I found some similar situation in Japan.

The review article is entitled ” Is chronic hepatitis B being undertreated in the United States?” and the summary is as follows;

Chronic infection with the hepatitis B virus (HBV) is a major risk factor for development of end-stage liver disease, including cirrhosis, liver failure and primary liver cancer. There are now seven antiviral agents approved by the United States Food and Drug Administration (FDA) for the management of chronic HBV infection. Despite the fact that there are between 1.4 and 2 million chronic HBV infections in the United States, fewer than 50 000 people per year receive prescriptions for HBV antiviral medications. This report discusses possible explanations for the disparity between the number of people who are chronically infected and the number of people who receive treatment. Explanations for this incongruence include the potentially large number of infected persons who are unscreened and thus remain undiagnosed, and lack of access, including insurance, education and referral to appropriate medical care, particularly for disproportionately infected populations.

「米国では慢性B型肝炎の治療が不十分ではないか?」というタイトルです。

要約ですが、

B型肝炎ウイルス慢性感染症(B型慢性肝炎)は終末期の肝疾患 (肝硬変、肝不全、原発性肝癌)の主要な危険因子の一つである。現在、米国のFDAが認可しているB型慢性肝炎治療薬(抗ウイルス薬)は7種類ある。米工では現在、140万人から200万人のB型肝炎ウイルス感染者がいるにも関わらず、年に5万人以下の人しか、抗ウイルス治療薬の処方を受けていない。この報告では、感染者数と治療を受けている方のこの大きな開きについて考察する。理由の説明の中には、スクリーニング検査を受けていないため、診断されていない方、医療保険、教育の関係で適切な医療を受けられない方が、感染者に偏って多いことが考えられる。

 

といった内容です。詳細を読む必要があります。

米国では 5月は肝炎に感心を高める月です。 いろいろな企画が進み、潜在患者さんが多く見つかり、適切な医療が受けられますように !


日記

Posted by 早坂章