たかが、γ-GTP(GT)、されどγ-GTP(GT)

2017年1月27日

あなたの肝臓をもっと健康に! Better Your Liver ! 肝健会 はやさかクリニック 院長 肝臓専門医 早坂 章です。

先日は、大変、がっかり、いたしました。

検診で、γーGTPだけが、121と軽度上昇の方に、肝臓に問題のある病気がみつかりました。(現時点では、諸方面考慮し、この言葉を使わせていただきます。)

私からのメッセージ:検診結果、あなどらないでください!

ある女性の患者さんが他院で受けられた、今年の特定検診の結果を持参されました。

GPT, GOT正常、γーGTP 121

でした。ご存知の通り、γ-GTPは、いろいろな場合に、あまり、心配ない様子でも上昇することが、あります。

今回も、サプリやお薬の影響かな? と思いましたが、女性だから、原発性胆汁性肝硬変症の可能性もあるなあ、などと考えながら、診療。でも、やはり、一応、脂肪肝鑑別のためにも、腹部超音波検査は受けていただこう、と思い、受けていただきました。

「あれ?」 僕には、肝臓の左葉(左側)に、どうも、しこりが映っている言うにみえてしまう、考えすぎかな、いや、おかしい。

患者さんには、超音波検査でおしまいですからと、伝えてありましたので、気が引けましたが、お願いし、総合病院でCT検査のみ、受けていただく、検査予約をしていただきました。

結果、私の超音波検査所見は残念ながら、正しかったのです。

至急、専門病院を紹介させていただきました。

検診のGTP。

あなたは、単に、太りすぎ、アルコールのせいと決めていませんか?

油断しないでください。私は、私の依頼をきいてくださった患者さんにありがたさと、残念さがいりまじった心境です。

しっかり、診療してまいります。

日記

Posted by 早坂章