胃カメラ(内視鏡)前の雑談

2017年9月25日

一見、無駄そうな時間も、最終的には安心して、診療を受けていただけるし、また、時間短縮に繋がるし、大変、大事なような気がします。

● 金曜日は内視鏡当番の日です。午前中に胃カメラ(上部消化管内視鏡)を受けられる方が23名ほど予約されておりました。今日はこれでも、少なめの人数です。

● 今日も、胃カメラは初めての方や、前回受けられた胃カメラが苦しくて、検査前から緊張しきっておられる方にめぐり合わせました。こんな時は、当然のお名前確認、御挨拶の後、カルテを拝見しながら、検査台に横になられた方の頭の高さまで、かがみ、雑談をします。なんとなく、「早く」、というような視線も感じますが、気にせず、少し待ち、緊張がとれたかな、と確認してから検査開始とします。

● この方が、受診される方も楽なようです。皆さん、当然とお感じかとも思いますが、今日、あらためて、強く実感いたしました。 単に、今日の感想でした。

日記

Posted by 早坂章