友の通夜

 

 

 

 

 

小中学校時代の同級生が亡くなり、通夜に行ってまいりました。

残念です。

残る自分にも、いつ何がおこるかは分かりませんが、 何事にもめげずに一所懸命生きて行きます。