遺伝学会での偏見対策 用語変更 「優性遺伝」を「顕性遺伝」などと

日記

日本遺伝子学会は遺伝子の優劣はないと、偏見是正のために、「優性」を「顕性」に「劣性」を「潜性」と改めるそうです。

読売新聞の記事です。

日本遺伝学会は、遺伝子の特徴の表れやすさを示す「優性」「劣性」を、それぞれ「顕性(けんせい)」「潜性(せんせい)」に改めると決めた。遺伝子に優劣があるという誤解や偏見を生む恐れがあるためで、同学会は関連学会と協議してこれらを含む約100語を改訂し、一般向け用語集を出版する。文部科学省にも教科書検定での用語見直しを要請する方針だ。

同学会によると、「優性」「劣性」は、「メンデルの法則」が明治時代に国内へ伝来して以降、1世紀以上にわたり使われてきた。しかし、遺伝子に優劣があると誤解している人も少なくないため、改訂を決めた。

このほか、「突然変異」は、元の用語「ミューテーション」に「突然」という意味が含まれないことから、「変異」とする。「色覚異常」は、「異常」に違和感を持つ人もいるため、「色覚多様性」という用語を新たに追加する。

日記

Posted by 早坂章