エンテカビル:新B型肝炎治療薬の認可は近いか?

2017年1月27日

私が怠けている間に、B型肝炎治療薬、エンテカビル(商品名:バラクルー ド)の承認申請がブリストル・マイヤーズ スクイブ社から、厚生労働省に出されたようです。ラミブジン(ゼフィックス)の1000倍くらい抗ウイルス効果があるとされ、いままで あまり、耐性の報告もきかず、アデホビル(ヘプセラ)についで、いよいよ、日本でも、すごい薬が認可させることになりそうで、良かったなと思うとともに、細かい治療上の注意やコツの有無を勉強する必要がありそうです。

一方、このニュースを知った翌日、日本肝臓学会誌の最新号が届きましたので、目を通していると、後ろの方に、エンテカビル耐性ウイルスの記事が出ていました。頻度はまれなものの、やはり、微生物と薬物の闘いは生易しくはないのだなと痛感しました。

しかし、十分期待できる薬だと思います。認可が楽しみですね。

日記

Posted by 早坂章