C型肝炎グループ2の方が多い君津木更津地区

2017年9月25日

だんだん、近づいてきた、来月の肝炎講演会の準備をしています。

私の居住、勤務している君津木更津地区では、C型肝炎ウイルスの型の比率が全国平均とはやや、異なります。

全国的には、グループ1が7割、グループ2が3割くらいかと思いますが、我々の地区で現在の勤務先の病院を受診される方に限ると、グループ1が5割、グループ2が5割くらいになっております。その結果、全体で計算すると、インターフェロンの効き目がやや良くなっております。

なぜ、そういう比率なのかは、感染ルートの推測を進めてみる必要があると思います。

日記

Posted by 早坂 章