日記

C型肝炎のインターフェロンを基にした治療結果での血中ウイルス持続陰性の方は、一部の研究では未治療患者さんより死亡率が高いとされている。しかし、結論として今後も治療を勧めることが望ましいという論文

日記

Hapatology Research

肝硬変の患者さんはいろいろな理由から筋肉量が減る「サルコぺニア」になりやすいことが知られています。健康な方でもいろいろな運動と十分なタンパク質を食事でとることがサルコぺニアを防ぐといわれています。

今回、日本肝臓学会英文誌 ...

PAGE TOP