過去の記事: 11月 2010

WordPressへ引越し

2010年 11月 25日: 皆様、またお久しぶりです。
千葉県木更津市 肝臓専門医 はやさかクリニック
院長 早坂章(Akira Hayasaka)です。

ブログをライブドアからWord Press主体に引越しました。

やっと、準備が出来つつあります。ナビゲーションタブはまだデフォルトのままです。

今後、徐々に改善してまいります。

宜しくお願いいたします。

  • 0
    comments

慢性C型肝炎、「新規経口抗HCV薬2剤併用による非インターフェロン治療が有望」とのこと

2010年 11月 11日: 千葉県 木更津市 肝臓内科、消化器内科、内科 はやさかクリニックの院長
肝臓専門医 早坂 章 (Akira Hayasaka)です。

今日は久しぶりに、硬い記事ですが、また、単なる引用です。
でも、ニュースとして投稿いたしました。

carenet.comに本日、

「新規経口抗HCV薬2剤併用による非インターフェロン治療が有望」と題して

「慢性C型肝炎ウイルス(HCV)感染患者に対する2つの新規経口抗HCV薬であるRG7128とdanoprevirの併用療法が、非インターフェロン治療として有望なことが、ニュージーランド・オークランド市民病院のEdward J Gane氏らが行った無作為試験(INFORM-1試験)で示された。

HCV感染に対する現在の標準的なインターフェロンベースの治療法は、効果および耐用性の両面で限界があるという。RG7128はHCVのNS5B RNAポリメラーゼを阻害し、danoprevirはウイルスの複製に必須な酵素HCV NS3/4Aプロテアーゼの大環状阻害薬だ。

Lancet誌2010年10月30日号(オンライン版2010年10月15日号)掲載の報告。」

と報じられておりました。

まだ、初期の検討ですが、

「著者は、「このヌクレオシドポリメラーゼ阻害薬とプロテアーゼ阻害薬の併用療法は、慢性HCV感染患者に対する非インターフェロン治療として有望と考えられる」と結論し、「最近、直接作用型抗ウイルス薬の単剤療法の有望な結果が報告されているが、今回の非インターフェロン直接作用型経口抗ウイルス薬の2剤併用療法は、今後のHCV感染の管理における重大な転換点であり、過去20年間で最も大きな治療上の進展を示すものである」と指摘する。」

と書いてありました。

原論文をwebで取り寄せたので、読んでみます。

時代は変わりつつ、ありますね。

  • 0
    comments

木更津でもインフルエンザが発生してきています

2010年 11月 10日: お久しぶりです。

千葉県木更津市 内科・消化器内科・肝臓内科 はやさかクリニック 院長 肝臓専門医の早坂 章  (Akira Hayasaka)です。

先月は開院5年経過した月でしたが、お世話になってきた方々への ご挨拶も書けず、失礼致しました。

さて、最近、インフルエンザの発生のニュースが時折、聞かれるようになってきましたが、はやさかクリニックでも高熱が出て受診された患者さんの中に、インフルエンザに感染された方が、このところ、何人かおられます。高熱でお気の毒です。

今は、北海道や沖縄での発生が報じられても、人の行き来が激しいので、すぐ、全国に広まってしまうのでしょうね。

インフルエンザに関しては昨年は大変大きな話題になっておりましたが、当然、ですが、今年も十分に気をつけましょう。

昨年と違って、ワクチンの供給も十分で多くの方が受けに来てくださっております。でも、第一は過労をさけることでしょうね。

よく、睡眠をとりましょう !

  • 0
    comments